注文住宅の設計から建築までトータルで依頼できるハウスメーカー

ハウスメーカーの家造りの特徴

注文住宅を建てるときは、家の設計を手掛ける業者と、家を建築する業者の2つの業者で依頼して家造りをすすめていきます。設計と建築と別々に依頼して契約することになるため、業者探しも契約の手続きも2重の手間や時間もかかってしまいます。しかし、ハウスメーカーであれば、注文住宅の設計から建築まで、すべて一貫して依頼できるという特徴があります。別々に信頼できる業者を探したり、2つの業者での契約のために書類を集めたりなど、そういった手間も省けます。ハウスメーカーでは、会社内で設計や工事をする部署に分かれていたり、建築は連携している業者に委託していたりと、設計から建築までの段取りがすでに出来ているため、注文住宅が完成する工期も比較的早いです。

営業の担当者との相性や信頼度が大事!

ハウスメーカーで注文住宅を建てる場合、契約から設計、建築現場の案内などは全て営業の担当者が対応することになります。例えば、家造りの設計の打ち合わせをするのも担当者と行い、依頼者の細かい要望は担当者を通して設計する建築士に伝えられます。家の建築現場を見学したいときも、同行して案内役をおこなってくれますし、家が完成したあとのアフターサービスのことまで対応してくれます。

自分たちの家造りのプランの要望にきちんと耳を傾けてくれるか、困ったときにスムーズに対応してくれるかなど、営業の担当者についてもよくチェックしてからハウスメーカーを選びましょう。担当者の良悪で、満足できる注文住宅の完成度が左右することもあるので、相性や信頼できる人かという点も重要なポイントとなります。

埼玉県は都心へアクセスがしやすい土地であることから、埼玉の注文住宅は人気が高いです。東京都の注文住宅よりも費用が抑えやすいという点から、東京で仕事をしていても注文住宅は埼玉県で建築する人も多いです。