その計画で大丈夫?将来的な変化も考えて建てよう

注文住宅は将来も考えて決めよう

注文住宅を建てるときにはたった今の視点で理想的な住宅を建てようと考えてしまいがちです。部屋の数や広さ、レイアウトなどに加え、住宅設備などについても今すぐに満足できるものを何とか揃えようという視点で設計を進めている場合が多くなっています。依頼先の住宅業者についても安く済ませつつ、満足できる内容にしたいという視点で比較していることがほとんどです。しかし、注文住宅を建てるときには今だけでなく遠い将来まで考えて決めることが大切です。住み始めたらそこで定住生活を続け、多くの人は老後までその家で過ごしています。それでもずっと住みやすい家にするという視点で計画を立てるとより良い住まいに仕上がります。

可変性のある住宅を建てよう

将来まで考えて住宅を建てようと言われても、十年後くらいまでは何となくイメージできたとして、二十年後や三十年後ともなるとわからないとしか言えない人もいるでしょう。将来のあり方を想像できる人はその想定に従って住宅をデザインすれば良いですが、不安があるなら可変性を重視して住宅を建てるのが良い方法です。相談先の業者によっては将来的にリフォームしやすい設計で住宅を建ててくれます。可変性を重視してあると間取りを変更しやすいのがメリットで、使わなくなった部屋の壁を取り払って広いスペースを作ったり、水回りを増やしたりすることも可能です。リフォームを想定して家造りをすると今を優先した設計をしやすいのも魅力なので検討してみましょう。

政令指定都市・横浜の注文住宅では、閑静な住宅街で、都会の喧騒から離れた暮らしができます。 緑が多くて治安も良いので、マイホームを買うエリアとして人気です。