リスクを考えよう!住宅ローンの選び方と金利

住宅ローンを選ぶときにはリスクを減らそう

住宅ローンを利用して注文住宅を依頼しようと考えているときには返済できなくなるリスクをいかにして低減するかを重視して選ぶのが重要です。ローン商品によって借りられる期間や金利の付け方などにかなり大きな違いがあります。ほとんど同じ内容でも依頼する金融機関によって上限額や金利には違いが生じることが多いので注意が必要です。ただ、リスクを考える上では何を重視したら良いのでしょうか。このときに大切なのが、想定していなかったことが起こったから返せなかったと言い訳をしても返済を迫られるということです。つまり、不測の事態にも備えなければならないという視点で、いかにしてリスクを減らすかを考えることが必要になります。

金利リスクの低減は重要な観点

住宅ローンで最も予測が難しくて対応も困難になりがちなのが金利リスクだと言われています。ゼロ金利の時代になって住宅ローンの金利もかなり低い水準になっていますが、もしその金利が突然上がってしまったらどうなるでしょうか。金利の変動によって毎月の返済額がかなり上がることになってしまい、返済が困難になってしまう可能性が十分にあります。安心して計画通りに返済できるようにするには金利変動リスクがない住宅ローンを選ぶのが無難です。住宅ローンは変動金利と固定金利、その複合型のものがあります。固定金利はやや金利が高めですが、返済が終わるまで金利の変動がありません。失敗しないためには固定金利の住宅ローンを選びましょう。

名古屋の注文住宅は、販売価格が分譲住宅よりも高くなりますが、材質や構造、内装などにこだわって家造りをしたい消費者の間で関心が集まっています。