注文住宅は大手メーカーと工務店のどちらで建てるべきか

大手メーカーのメリットとは

注文住宅を建てる場合には、誰に建築を依頼するかを決めなければなりません。代表的な候補として、大手の住宅メーカーと工務店があるのですが、このうち前者のメリットは何といっても長年の経験によって蓄積された豊富な商品スタイルを持っている点と、安定的な財務体質に基づく将来的なアフターケアが期待できるという点です。特に後者は意外と見落とされがちなのですが、住宅は建ててしまえばそれで終わりというものではなく、そこから何十年にもわたって住み続けなければなりません。その途中で建ててもらった建築会社が倒産などで消滅してしまったら、建物のメンテナンスが十分にできなくなる恐れがあります。

そのため、建築会社の安定性は、建てた家に長く住み続けるために非常に重要なポイントなのです。

工務店のメリットとは

一方、工務店の大きなメリットは、施主の希望に柔軟に対応できるという点と、大手メーカーに比べて建築費がリーズナブルであるという点です。大手メーカーの場合には、社内の基準をクリアした建材や住宅設備しか使用できないケースが多いのに対し、工務店の場合にはそういった制約はあまりないため、細かく条件を指定しながら家づくりをしたい人にとっては、工務店の方が適しているかもしれません。財務基盤の面では大手には敵いませんが、工務店の中にも地元密着で何十年にもわたって営業しているところは少なくないため、そういったところに依頼すればアフターケアも万全でしょう。

千葉の注文住宅は、都心に近い場所でありながらも東京都で注文住宅を建築するより費用が抑えやすいという点が魅力的です。