土地探しは足を使う?現地で探し回るメリットとデメリット

現地に行って探すメリット

土地探しをするときには希望のエリアにまで足を運んで売りに出されている土地を自分で探す方法があります。現地に行って土地を探すメリットは、見つけられたときに土地自体の状態や周囲の状況などを詳しく理解した上で買いたいかどうかを判断できることです。荒地になってしまっていたら整備をしないと使えず、余計な費用がかかるのは確かでしょう。また、周辺に高いビルが林立していると日当たりが悪く、目的によってはあまり合わない可能性もあります。もう一つのメリットとして、売りに出されていない空き地が見つかる可能性があります。その所有者がわかったら直接交渉をして土地を購入できる可能性もあるというのは念頭に置いておきましょう。

現地で探すデメリット

現地で探す方法にはデメリットもあり、労力も時間もかなりかかってしまうことが挙げられます。不動産会社に相談して土地を紹介してもらった方が候補を絞り込むのには時間がかからず、興味を持った土地だけを後から見に行くことも可能です。また、売りに出されているけれど現地に行ったときには見つけられなかったという土地がたくさんある可能性もあります。足を使って探せる範囲は限られているからであり、穴場の場所に土地があったのに候補にできずに後悔する可能性もあるのです。魅力的な土地が見つかったときにも誰が所有者なのかわからずに困り果ててしまうこともあります。このような徒労のリスクがあることも考慮して現地で探すかどうかを考えましょう。

ランディは3列シートで8人乗りで、ミニバンクラスでは最大級の広さでゆったりとした室内を持ち、乗り心地は抜群です。2020年の仕様変更で先進安全装備がより充実し、ますます目が離せない車となっています。