賃貸の基本!?部屋を借りる時に必要な初期費用について

敷金や礼金は物件に応じて金額が異なります

賃貸の部屋を借りる時、誰もが家賃の支払いが可能な物件を探すケースは多いと言えましょう。家賃は毎月支払いが生じるわけですから収入や生活費などを加味して支払い可能な金額を予め考えておくことが大切です。部屋を借りる時に必要なお金には敷金や礼金、仲介手数料などがあります。敷金は部屋を退去した後に、部屋のリフォームなどで使うお金で、礼金は大家さんに対して、部屋を貸してくれたお礼を意味するお金です。敷金および礼金は、家賃の金額をベースにしているのが特徴で、家賃2か月分の敷金および礼金を支払うなどのルールになっています。但し、家賃の1ヶ月分ずつの場合もあれば、敷金が2か月分、礼金がゼロの部屋もあるのが特徴です。

引越し費用も初期費用に含めておきましょう

家賃が12万円で、敷金と礼金がそれぞれ2か月分、他にも仲介手数料が家賃の1か月分とした時、賃貸の部屋を借りるために必要な金額は最低でも60万円になります。入居するタイミングに応じて前家賃が必要になるため、72万円前後の費用を用意しておかなければならないわけです。しかし、このお金を用意すれば入居が出来るのか、現在の住まいから新居への引越し費用を忘れていると、部屋を借りたものの引越しが出来ないなどのトラブルが発生してしまうこともあります。引越し費用は業者により様々ですから、部屋を借りる時には引越し業者をある程度リサーチしておくと良いでしょう。さらに、新居で使うインテリア用品や家具、電化製品などの購入も検討している場合には、費用がより多く必要になります。

札幌市中央区の賃貸は建築年数がけっこう経ってる物件が多いですが、賃貸が安い上に部屋内は改装していて綺麗なので人気があります。